南京結びのやり方

2018.04.26 Thursday 18:21
0

    JUGEMテーマ:便利ツールや役立つサイト! etc...

     

    南京結び・かんぬき縛り・万力結びなどと呼ばれる、トラックの荷物を縛る時のやり方です。

     

    荷物を運ぶときにロープで縛りたい。グルグル巻いたものの最後の縛り方がうまくいかない。

    固く結びすぎて解くのが大変。引っ張ってみても最終的にあまり締まってなくて荷物がグラグラしてしまう。

     

    そんな困ったことがよく起こりますよね。そもそも普通に巻いて、かた結びではちゃんと締めることはできません。

     

    引っ張ってそのままの状態で止めるという事をしないとちゃんと縛ったことにはならないですよね。

     

    そこで、この縛り方です。

     

     

    呼び名はいろいろあるみたいで、南京結びというのが一般的かもしれません。

     

    自分はかんぬき結び・縛りと教えていただいたのでそう呼んでいますが、この縛り方のポイントですが、

     

    1、左手でロープを持って右手側で輪っかを作る。

      輪っかと言っていますが、「O」ではなくて「U」のようなふくらみを作る感じです。

     

    2、右手の輪っかの根元に左手のロープでくるっと巻いて締める。

      「U」の根元を「O」に巻いてキュッと締めます。もちろん持ったままでいないと外れてしまう状態です。

      ここで、巻いた部分が緩んでいたりちゃんと回っていないと輪っかから外れることがあります。

      なので、巻いたところを右にグイっと押してあります。やったほうが失敗しづらいです。

     

    3、左手側のロープの下にたるみのような輪っかができますので、そこを半ひねりして中からロープを引き出します。

      半ひねりはしなくても大丈夫だったりします。人によりますが自分はなんとなくひねっています。

      引き出すロープは全部ではなくて、引っ掛けたいフックに届けば大丈夫です。

      注意として、引き出す長さが少ないと、最後に締めたときに引きシロがなくて引っ張れなくなります。

      荷物が柔らかくて大きく引っ張れるときは縛り目を奥にして、引きシロをたくさん取ることが必要です。

     

    4、引き出したロープでフックに引っ掛け、フックに回して内側から反対側へロープを回して摩擦で止めます。

      摩擦部分にシートや荷物が挟まると破けることがあるので注意です。

     

    5、もう一度フックに引っ掛けもう一度反対側へロープを回して締めます。

      残ったロープは、違うところからもう一度反対側へ縛るなり、束ねて荷台へ置くなりして終わりです。

     

     

    結構練習しないとスムーズにはできないかもしれませんが、使えるようになると荷物を運ぶのがとても便利になりますよ。

    ロープは長めである程度の柔らかさと滑りの良さがあると使いやすいです。

     

    締めすぎるとロープが切れたり荷物が壊れる危険性もありますし、緩いと荷物が動いてロープが外れることもあります。

    手を挟まないように気をつけて、どうぞお試し下さい。

     

     

    category:便利な動画や疑問解説 | by:konena753comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    ブログランキング登録中
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM